ぐすく造営のおもろ

福寛美 著

琉球の聖域であり、多くの謎に包まれた存在、ぐすく。琉球王国官撰の神歌集である『おもろさうし』には、ぐすく造営の歌群が残されている。史書には明文化されることのなかったぐすくの真相を、同時代の歌であるおもろから拾い上げ、その造営の謎を解く手がかりを探りだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ぐすく
  • 尚真王おもろの世界
  • 石を割る道具
  • 造営のおもろと歴史的事象
  • 何を「げらへる」のか
  • 誰が「げらへる」のか
  • 美称辞としての「げらへ(げらゑ)」
  • 「げらへる」以外の造営に関わる語
  • 信仰、呪的な石

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぐすく造営のおもろ
著作者等 福 寛美
書名ヨミ グスク ゾウエイ ノ オモロ : タチアガル リュウキュウ セカイ
書名別名 立ち上がる琉球世界

Gusuku zoei no omoro
シリーズ名 おもろさうし 65
新典社新書 65
出版元 新典社
刊行年月 2015.1
ページ数 159p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7879-6165-5
NCID BB17963266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22535782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想