たいへんよく生きました

片岡みい子 著

体力自慢で病気知らずの団塊男子Mに、突然の咽頭癌発症。勧められて知って"ぬか風呂"を自宅に設置し、ユニークでグルメな闘病生活が始まった!90年代ロシアの支援活動に奔走し、ロシアとともに生きた男の半生をパートナーの視点から描いた、胸に迫る追悼のドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 右顎のしびれ-抗癌剤も放射線も効かない上咽頭癌
  • 2章 M家の人びと-孝行息子のプロジェクト
  • 3章 事業とソ連反体制派支援-人助けなら元気が出る
  • 4章 一九九〇年代混乱のロシアへ-現地取材と「援助/交際」
  • 5章 肺に転移-心が身体を召し上げる
  • 6章 糠風呂サロン-二〇〇人を巻き込んでグルメな闘病
  • 7章 胸に転移-放射線科で『終着駅』を歌う
  • 8章 ガンマナイフ手術-M姉への手紙
  • 9章 会社は閉じたくない-一二トンの家財ガラクタを処分
  • 10章 ホスピスが最初で最後の贅沢-呼気で始まり吸気で終わる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たいへんよく生きました
著作者等 片岡 みい子
書名ヨミ タイヘン ヨク イキマシタ : ヌカブロ サロン トウビョウキ
書名別名 ぬか風呂サロン闘病記
出版元 論創社
刊行年月 2015.2
ページ数 265p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8460-1398-1
NCID BB24328031
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22534434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想