〈完本〉閑話一滴

水上勉 著

便利さ、効率のよさ、損か得かなど、都会に暮らす現代人の日常は、すべからく何らかの利得を動機に流れていく。しかし、真の人間らしさとは何か。自然への畏敬、生命への讃歌、人と人とのご縁への感謝…。文豪・水上勉が、身近の出来事から折々につづった随想をまとめた『閑話一滴』と『続・閑話一滴』を合本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 閑話一滴(一滴の水
  • 才市の指痕
  • 若狭いさざ)
  • 続・閑話一滴(一霊一木
  • 達磨の縄跳び
  • 墓のこと、それから)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈完本〉閑話一滴
著作者等 水上 勉
書名ヨミ カンボン カンワ イッテキ
シリーズ名 PHP文庫 み8-3
出版元 PHP研究所
刊行年月 2015.2
ページ数 345p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-569-76311-8
NCID BB19791922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22530596
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想