ウズメとサルタヒコの神話学

鎌田東二 著

ウズメとサルタヒコ、この二つの神はなぜ結ばれたのか-古代日本人の信仰と祭りから神話の意味とその役割を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ウズメとサルタヒコの神話学
  • 第1章 シャーマニズムと女神憑依
  • 第2章 サルタヒコの冒険
  • 第3章 ホトの文化史
  • 第4章 カミと異界
  • 第5章 日本人と祭り
  • 終章 渦と猿の図像学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウズメとサルタヒコの神話学
著作者等 鎌田 東二
書名ヨミ ウズメ ト サルタヒコ ノ シンワガク
書名別名 Uzume to sarutahiko no shinwagaku
出版元 大和書房
刊行年月 2000.8
ページ数 285p
大きさ 22cm
ISBN 4479840532
NCID BA47686758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20090781
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想