ローカルからの再出発

宇野重規, 五百旗頭薫 編

厳しさが増す財政状況の下、多様な主体間の連携や協働によって、地域の諸課題を解決し、公共サービスを提供しようとする「ローカル・ガバナンス」という概念が注目を集めている。この概念を長期的な視点からとらえなおし、北陸地方、特に働きやすく、暮らしやすい県として注目を集める福井県の事例から分析。第1部では理論的・歴史的な側面から、第2部では北陸地方や福井県を舞台に、ローカル・ガバナンス概念の歴史や現状を探る。第3部では、福井県の中でも特に嶺南地域に注目し、県と地域のローカル・ガバナンスを検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ローカルからの再出発
  • 第1部 ローカル・ガバナンス再考(ローカル・ガバナンスを問い直す-近代日本の「地方自治」再考
  • 地方治態の3要素-住民・区域・自治体
  • 連邦・自治・デモクラシー-憲法学の観点から
  • 多機関連携としてのローカル・ガバナンス-就労支援行政における可能性
  • 大都市をめぐる2つのガバナンス-大都市制度改革の困難)
  • 第2部 福井・北陸ガバナンスの歴史と今日(近代日本のローカル・ガバナンス-負担と受益の均衡を求めて
  • 北陸の豊かさはどこから来るのか-越中富山に見る「北陸性」
  • 広域コミュニティの終わりなき物語を求めて-福井県、知事、ガバナンス
  • 現代的知事の誕生?-西川一誠福井県知事を事例に
  • 県庁内のガバナンス変容と持続-マニフェスト導入による政治時間の規律づけ
  • 公と私の新たな境界線-要介護認定の政策実施業務を素材に)
  • 第3部 県と地域-嶺南からの視点(地方議会と地域住民自治組織-福井県嶺南地域における基礎自治体の議会を中心に
  • 原発立地自治体の財政比較-福井県敦賀市・美浜町・高浜町・おおい町を事例に
  • 港から原発へ-"ロカロカ"敦賀のガバナンス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローカルからの再出発
著作者等 上神 貴佳
五百旗頭 薫
井手 英策
伊藤 正次
佐藤 健太郎
宇野 重規
宮崎 雅人
松井 望
林 知更
砂原 庸介
稲吉 晃
荒見 玲子
谷 聖美
金井 利之
書名ヨミ ローカル カラ ノ サイシュッパツ : ニホン ト フクイ ノ ガバナンス
書名別名 Local Governance in Japan

Local Governance in Japan : 日本と福井のガバナンス

Rokaru kara no saishuppatsu
出版元 有斐閣
刊行年月 2015.1
ページ数 344p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-14911-3
NCID BB17750152
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22533177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想