イスラーム国の衝撃

池内恵 著

既存の国境を越えて活動し、住民から徴税し、「国家樹立」をも宣言した「イスラーム国」-なぜ不気味なのか?どこが新しいのか?組織原理、根本思想、資金源、メディア戦略、誕生の背景から、その実態を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 イスラーム国の衝撃
  • 2 イスラーム国の来歴
  • 3 甦るイラクのアル=カーイダ
  • 4 「アラブの春」で開かれた戦線
  • 5 イラクとシリアに現れた聖域-「国家」への道
  • 6 ジハード戦士の結集
  • 7 思想とシンボル-メディア戦略
  • 8 中東秩序の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラーム国の衝撃
著作者等 池内 恵
書名ヨミ イスラームコク ノ ショウゲキ
書名別名 Isuramukoku no shogeki
シリーズ名 文春新書 1013
出版元 文芸春秋
刊行年月 2015.1
ページ数 229,9p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-661013-6
NCID BB17743146
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22530396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想