エノケンと菊谷栄

山口昌男 著

日本の喜劇王エノケンとその座付作者・菊谷栄が、二人三脚で切り拓いた浅草レヴューの世界を、知られざる資料と証言で描いた書き下ろし評伝。先年亡くなった著者の意志を継いで、その"幻の遺稿"を整理・編集し、刊行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 菊谷栄の生い立ち
  • 第2章 浅草のエノケン・エノケンの浅草
  • 第3章 カジノフォーリーの興亡
  • 第4章 エノケン一座の誕生
  • 第5章 『歌劇』を読む-宝塚少女歌劇のアルケオロジー
  • 第6章 エノケン・レヴューの栄光と悲惨
  • 第7章 菊谷栄戦場に死す
  • 付録 西田幾多郎とメイエルホリドの間のエノケン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エノケンと菊谷栄
著作者等 山口 昌男
書名ヨミ エノケン ト キクヤ サカエ : ショウワ セイシンシ ノ カクレタ スイミャク
書名別名 昭和精神史の匿れた水脈

Enoken to kikuya sakae
出版元 晶文社
刊行年月 2015.1
ページ数 366p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7949-6865-4
NCID BB17870154
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22526474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想