病理学/病理検査学

松原修 [ほか]著

本書では、基礎的事項を網羅し、最新の知見を取り入れて、実地に役立つことを目指して構成した。第1章、第2章においては総論と各論の有機的な連絡に留意。第3章では日常頻繁に用いられる染色法を重点的に記述し、ISHやFISHなど新しい解析法・分析法についても記載した。第4章においては標本作製の手順を最新情報に基づいて記述している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 病理学総論(病理学とは何か
  • 染色体・遺伝子・発生の異常 ほか)
  • 第2章 病理学各論(循環器系
  • 呼吸器系 ほか)
  • 第3章 病理組織学的検査法(病理組織学的検査法の意義
  • 病理組織標本作製の順序 ほか)
  • 第4章 細胞学的検査法(細胞学的検査法の意義
  • 細胞診標本作製の順序 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病理学/病理検査学
著作者等 中田 穂出美
松原 修
都竹 正文
丸山 隆
書名ヨミ ビョウリガク ビョウリ ケンサガク
書名別名 Byorigaku byori kensagaku
シリーズ名 臨床検査学講座
出版元 医歯薬
刊行年月 2000.5
ページ数 439p
大きさ 26cm
ISBN 4263228782
NCID BA46996680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20088274
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想