ルネサンス文化史 : ある史的肖像

エウジェニオ・ガレン 著 ; 澤井繁男 訳

歴史意識から哲学・科学・芸術まで史上最大の文化運動の多様な特質を浮彫りにする斯界の泰斗による簡にして要を得た名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ルネサンスと文化
  • 2 新しい時代という意識
  • 3 古典の発見
  • 4 ギリシア人とルネサンスの起源
  • 5 人文主義とルネサンス-連続か対立か
  • 6 図書館と印刷術の発明
  • 7 新しい教育
  • 8 政治的省察に関する主題と問題-現実の都市と理想の都市
  • 9 批判と宗教的刷新の動機
  • 10 新しい哲学-人間と自然の賞揚
  • 11 新しい科学-人間と世界の認識
  • 12 人文主義文化と国民文学
  • 13 美術-建築、彫刻、絵画

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルネサンス文化史 : ある史的肖像
著作者等 Garin, Eugenio
沢井 繁男
ガレン エウジェニオ
書名ヨミ ルネサンス ブンカシ : アル シテキ ショウゾウ
書名別名 La cultura del Rinascimento
出版元 平凡社
刊行年月 2000.3
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 458223836X
NCID BA46129086
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20088178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想