パリの美術館で美を学ぶ

布施英利 著

本書は、パリの美術館ガイドであると同時に、美を知るためのガイドでもある。1区から16区までかたつむりの渦のような形になっているパリの街。その順番に沿った地理的な構成で、ルーブルから美をめぐる旅をはじめよう。パリのかたつむりのような渦巻は、やがて郊外へ飛び出し、ジヴェルニーやヴィリエ・ル・パークルなどの村にある画家のアトリエを訪ねる。さらに渦は大きくなり、南仏のニースやマルセイユにある美術館にも話は及んでいく。その渦の先には、何があるのか。パリの美術館から、どんな美がみえてくるのだろうか-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 西洋美術の入門
  • 第2章 20世紀アートへ
  • 第3章 パリには中世の美術もある
  • 第4章 やはり、フランス近代絵画
  • 第5章 美のある暮らし
  • 第6章 さらに、こんな美術館も
  • 第7章 パリの郊外へ
  • 第8章 南フランスへ
  • 第9章 パリへ帰る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリの美術館で美を学ぶ
著作者等 布施 英利
書名ヨミ パリ ノ ビジュツカン デ ビ オ マナブ : ルーブル カラ ナンフツ マデ
書名別名 ルーブルから南仏まで
シリーズ名 光文社新書 734
出版元 光文社
刊行年月 2015.1
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03837-3
NCID BB17674553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22524055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想