日本史におけるキリスト教宣教

黒川知文 著

キリスト教はいかにして広まったのか?キリスト教伝来から現代までを、宣教の観点から概観した日本キリスト教史。各時代の宣教活動を取り上げ、宣教に生涯を捧げた人物を紹介しながら、わが国独自の宣教論を探る。カトリック・正教会・プロテスタントの知られざる歩みにも光を当てる、エキュメニカルな入門書。多数の図・表・写真入り。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 問題提起
  • 第1章 キリシタン時代における宣教(布教公認時代における宣教
  • 禁教時代における宣教
  • 結論)
  • 第2章 明治時代における宣教(カトリック教会の宣教
  • ニコライと正教の宣教
  • プロテスタントの宣教
  • 明治後期における宣教
  • 結論)
  • 第3章 大正時代における宣教(無教会運動
  • 救世軍運動
  • 全国協同伝道
  • 再臨運動と大正期ホーリネス・リバイバル
  • 結論)
  • 第4章 昭和時代における宣教(神の国運動
  • 戦争と教会
  • 戦後における宣教
  • 結論)
  • 整理と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本史におけるキリスト教宣教
著作者等 黒川 知文
書名ヨミ ニホンシ ニ オケル キリストキョウ センキョウ : センキョウ カツドウ ト ジンブツ オ チュウシン ニ
書名別名 宣教活動と人物を中心に
出版元 教文館
刊行年月 2014.12
ページ数 467,8p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7642-6987-3
NCID BB17723218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22521022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想