平戸オランダ商館日記 : 近世外交の確立

永積洋子 著

1609年、平戸に商館が開かれ、日蘭交渉は始まった。キリスト教布教を目的とせず商人に徹したオランダは対日貿易の覇者となるが、やがて出島に囲い込まれていく。将軍・閣老らの肉声を伝える貴重な史料であり、唯一自由を享受したオランダ人ならではの目で日本の動静を鋭く観察した記録でもある日記を中心に近世日本の外交政策確立過程を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日記以前の時代(商館日記の起源
  • 海賊の時代 ほか)
  • 第2章 日本貿易をめぐって(生糸のパンカドと糸割符商人の不満
  • 大官の貿易の衰退 ほか)
  • 第3章 鎖国への道(貿易地制限令と奉書船制度
  • 鎖国令の伝達と適用)
  • 第4章 平戸時代の終末(島原の乱
  • ポルトガル人の来航禁止 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平戸オランダ商館日記 : 近世外交の確立
著作者等 永積 洋子
書名ヨミ ヒラド オランダ ショウカン ニッキ : キンセイ ガイコウ ノ カクリツ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2000.6
ページ数 331p
大きさ 15cm
ISBN 4061594311
NCID BA46910040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20077061
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想