スウェーデン流グローバル成長戦略

加護野忠男, 山田幸三, 長本英杜 編著

イケア(IKEA)、ボルボ(Volvo)、H&Mなど名だたるグローバル企業を多数輩出しているスウェーデン。これらの企業の戦略は米国企業とは異なり、自分と相手のお互いを理解し合い、分かち合うことによって成長を遂げている点に特徴がある。国際競争に苦しむ今日の日本企業にスウェーデン流の成長戦略は多くの示唆を与える

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜスウェーデン企業に注目するのか
  • 第2章 価値観に共感する社員と取引先-イケアの成長戦略と人材の採用・育成
  • 第3章 緩やかなM&Aとグローバルな人材育成システム-アトラスコプコの成長戦略と人材の育成・配置
  • 第4章 開かれた仲間型企業のM&A-ボルボのグローバル成長戦略
  • 第5章 子会社とつくる「よい親会社」-BTと豊田自動織機の成長戦略
  • 第6章 緩やかな親子関係の構築と人を基軸としたマネジメント-スウェーデン流グローバル成長戦略から何を学ぶか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スウェーデン流グローバル成長戦略
著作者等 加護野 忠男
山田 幸三
長本 英杜
書名ヨミ スウェーデンリュウ グローバル セイチョウ センリャク : ワカチアイ ノ セイシン ニ マナブ
書名別名 「分かち合い」の精神に学ぶ

Suedenryu gurobaru seicho senryaku
出版元 中央経済社
刊行年月 2015.1
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-502-12601-7
NCID BB17564249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22514391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想