子どもたちの未来を考えてみた

乙武洋匡 著

なぜ、「デブ・ハゲネタ」はOKで、「障害ネタ」はNGなのか?なぜ、「独創的なアイデア」を生む子どもが育ちにくいのか?どうして私は、「パラリンピックをなくしたい」のか?"個性"を認めて、つながろう!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 子どもたちの未来を考えてみた(いま教育に求められていること
  • 福祉って何だろう
  • 東京オリンピック・パラリンピックからスポーツを考える)
  • 第2部 世界の大使に会ってみた(福祉大国・デンマークの秘密-少子高齢社会の日本が、北欧の「高満足度国家」に学ぶべきことは(駐日デンマーク大使 A・カーステン・ダムスゴー氏)
  • フィンランド・岐路を迎えた教育制度-PISAの順位低下で見えたクリエイティブ教育の強みと弱み(駐日フィンランド大使 マヌ・ヴィルタモ氏)
  • ジャマイカ選手、圧倒的強さの理由-才能豊かなアスリートを早期に発掘し、育成する社会システムとは(駐日ジャマイカ大使 リカルド・アリコック氏)
  • ブラジルから日本へ、つながる五輪のバトン-ナショナルイベント開催は国の経済発展に寄与するのか(駐日ブラジル大使 アンドレ・コヘーア・ド・ラーゴ氏)
  • 躍進する民主主義国家インド-モディ新首相の「開発」は貧困層を救い、豊かな国を築けるのか(駐日インド大使 ディーパ・ゴパラン・ワドワ氏)
  • 欧州とアジアの架け橋トルコ、EU加盟を目指す-「愛と寛容の国」におけるバリアフリー事情を探る(駐日トルコ大使 アフメット・ビュレント・メリチ氏)
  • 世界の制度が日本の問題を解決する-六カ国の駐日大使との対談で見えた日本の課題と未来の姿)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもたちの未来を考えてみた
著作者等 乙武 洋匡
書名ヨミ コドモタチ ノ ミライ オ カンガエテ ミタ : キョウイク フクシ スポーツ ニ ノゾム コト
書名別名 教育・福祉・スポーツに望むこと
出版元 PHP研究所
刊行年月 2014.12
ページ数 251p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-569-82120-7
NCID BB17833577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22521722
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想