エクスタシーの神学

菊地章太 著

キリスト教における神秘主義の思想を、「エクスタシー」という視点から読み解いていく。ギリシア時代に水源をもち、ヨーロッパ思想の伏流水であるカトリック神秘神学を俯瞰し、キリスト教の本質に肉薄する危険な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 教会公認エクスタシー
  • 第1章 傷つける愛-十四世紀の聖女カテリーナ
  • 第2章 燃えたつ愛-十六世紀の聖女テレサ
  • 第3章 高まりゆく愛-十七世紀の修道女シュザンヌ
  • 第4章 責めさいなむ愛-二十世紀の患者マドレーヌ
  • エピローグ 精神医学から神学へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エクスタシーの神学
著作者等 菊地 章太
書名ヨミ エクスタシー ノ シンガク : キリストキョウ シンピ シュギ ノ トビラ オ ヒラク
書名別名 キリスト教神秘主義の扉をひらく

Ekusutashi no shingaku
シリーズ名 ちくま新書 1102
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.12
ページ数 219,3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06805-7
NCID BB17434323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22534792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想