ゾルゲはなぜ死刑にされたのか : 「国際スパイ事件」の深層

白井久也, 小林峻一 編

20世紀の激動する歴史のダイナミズムを一身に体現したリヒアルト・ゾルゲ。その苛酷な運命と秘密のベールがはがされ、現代史の深層が鮮烈に照らされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦争と革命の時代に生きたゾルゲ(プロローグ・国際スパイ事件の顛末
  • 国際シンポジゥム「二十世紀とゾルゲ事件」 ほか)
  • 第2部 歴史としてのゾルゲ事件(世界史の問題としてのゾルゲ事件
  • ゾルゲ事件の歴史的意義 ほか)
  • 第3部 ロシアにおけるゾルゲ研究(ゾルゲ:彼に対する興味は尽きない
  • ユーラシアの戦士リヒアルト・ゾルゲ ほか)
  • 第4部 文献と解題(元駐日ドイツ大使オイゲン・オット一家の事件後の軌跡
  • ゾルゲの暗号電報 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゾルゲはなぜ死刑にされたのか : 「国際スパイ事件」の深層
著作者等 小林 峻一
白井 久也
書名ヨミ ゾルゲ ワ ナゼ シケイ ニ サレタノカ : コクサイ スパイ ジケン ノ シンソウ
出版元 社会評論社
刊行年月 2000.7
ページ数 16, 319p
大きさ 21cm
ISBN 4784505520
NCID BA47487886
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20085966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想