仏教思潮論

宇井伯寿 著

随機説法、応病与薬。根本仏教から大乗・小乗への分化を経て日本仏教まで。仏教思想の流れを仏・法・僧の構造で説く、宇井伯寿の浩瀚な主著『仏教汎論』二巻本を要約した入門篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 仏陀(仏陀観の意義
  • 歴史上の釈尊
  • 釈尊の成道
  • 釈尊の入滅 ほか)
  • 第2編 教法(教法の特質
  • 根本仏教の根本思想
  • 根本仏教の縁起説
  • 四聖諦 ほか)
  • 第3編 社会(僧伽)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仏教思潮論
著作者等 宇井 伯寿
書名ヨミ ブッキョウ シチョウロン : ブッポウソウ サンポウ ノ コウゾウ ニ ヨル ブッキョウ シソウシ
書名別名 仏法僧三宝の構造による仏教思想史

Bukkyo shichoron
出版元 書肆心水
刊行年月 2014.11
ページ数 349p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-906917-34-1
NCID BB1761151X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22507006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想