免疫学からみた神経系と神経疾患

吉田孝人, 糸山泰人, 錫村明生 編

解明が進みつつある神経系とその疾患を新しい免疫学の発想と数々の発見から眺め、難解な神経機能や疾患を容易に理解し、深くとらえ、旧来の教科書的構築から脱し、新しい角度からとらえ直して、新しい治療法を編み出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(免疫学の流れと神経系
  • 神経免疫の歴史とoverview
  • 免疫学的特権部位としての神経系)
  • 基礎編-神経系の構造・機能と免疫(神経系の抗原性
  • リンパ球
  • 血液脳関門 ほか)
  • 臨床編-神経疾患と免疫(多発性硬化症
  • 炎症性ポリニューロパチー
  • 重症筋無力症 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 免疫学からみた神経系と神経疾患
著作者等 吉田 孝人
糸山 泰人
錫村 明生
書名ヨミ メンエキガク カラ ミタ シンケイケイ ト シンケイ シッカン
出版元 日本医学館
刊行年月 1999.9
ページ数 374p
大きさ 26cm
ISBN 4890444106
NCID BA43152900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20083838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想