集団と無意識 : 集団の想像界

ディディエ・アンジュー 著 ; 榎本譲 訳

集団における幻想の循環にかんする一般理論。『人間集団の心理的現実』にはじめて包括的な叙述を与え、集団療法の重要性とともに、全ての集団の成員とその指導者が引き起こす『諸幻想の循環』を解剖した精神分析学の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 集団の想像界、集団の局所論的構造および幻想の組織化
  • 第1章 集団状況における精神分析技法とその規則
  • 第2章 集団における想像界
  • 第3章 集団と夢との類似性-欲望および脅威を想像的に成就するものとしての集団
  • 第4章 集団イリュージョン-共同の「理想自我」
  • 第5章 集団とは口である-集団における口唇性の幻想表象
  • 第6章 解体幻想
  • 第7章 集団=機械の幻想、あるいは誘惑者=迫害者としての集団
  • 第8章 逆説的抵抗-集団の自己破壊
  • 第9章 集団、父のイマーゴおよび「超自我」
  • 第10章 集団における幻想の循環にかんする一般理論
  • 補遺 集団の皮膚-自我(第三版第11章)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 集団と無意識 : 集団の想像界
著作者等 Anzieu, Didier
榎本 譲
アンジュー ディディエ
書名ヨミ シュウダン ト ムイシキ : シュウダン ノ ソウゾウカイ
書名別名 Le groupe et l'inconscient. (3e éd.)

Shudan to muishiki
出版元 言叢社
刊行年月 1999.10
ページ数 490, 28p
大きさ 20cm
ISBN 4905913683
NCID BA43999616
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20083739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想