幻滅

ロナルド・ドーア 著

依然としてどこよりも暮らしやすい国、しかし近隣諸国と軋轢を増す現在の政治、政策には違和感しか感じない国、日本。戦後まもなく来日、70年間の日本の変化をくまなく見てきた社会学者ドーア氏が、「親日家」から「嫌日家」へ!?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 親日家が歓迎される時代-一九五〇年代
  • 第2部 占領「終焉」から安保闘争まで-1952‐60
  • 第3部 安保からオイル・ショックまで-1960‐73
  • 第4部 オイル・ショックからプラザ合意まで-1973‐85
  • 第5部 プラザ合意から橋本内閣の誕生まで-1985‐97
  • 第6部 新自由主義の浸透からアベノミクスまで-1997‐2013

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻滅
著作者等 Dore, Ronald
ドーア ロナルド
書名ヨミ ゲンメツ : ガイコクジン シャカイ ガクシャ ガ ミタ センゴ ニホン ナナジュウネン
書名別名 外国人社会学者が見た戦後日本70年
出版元 藤原書店
刊行年月 2014.11
ページ数 266p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86578-000-0
NCID BB17514615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22504946
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想