国家経営の本質

戸部良一, 寺本義也, 野中郁次郎 編著

歴史を動かしたリーダーは何をとらえていたのか。巨大な転換期に直面し、国家再生へ大きな舵を切ったリーダーたちの構想力と指導力を解明。『失敗の本質』『戦略の本質』に続く待望の姉妹編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ「国家経営」なのか
  • 第2章 戦後体制の転換
  • 第3章 サッチャー-自由と自由による国家の威信回復
  • 第4章 レーガン-超大国の復権と冷戦の終焉
  • 第5章 中曽根康弘-経済大国の抑制された自己主張
  • 第6章 ヘルムート・コール-歴史を味方につけた再統一
  • 第7章 ゴルバチョフ-体制再建と理想主義の相克
  • 第8章 〓(とう)小平-プラグマティックな「経済大革命」
  • 第9章 比較分析-国家経営のダイナミック・リーダーシップ・プロセス
  • 終章 理想主義的プラグマティズムと歴史的構想力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家経営の本質
著作者等 寺本 義也
戸部 良一
野中 郁次郎
書名ヨミ コッカ ケイエイ ノ ホンシツ : ダイテンカンキ ノ チリャク ト リーダーシップ
書名別名 大転換期の知略とリーダーシップ

Kokka keiei no honshitsu
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2014.11
ページ数 291p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-16923-7
NCID BB17433273
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22505391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想