インターネットは平成の神器か : 日本型「e-Life」の実像

博報堂生活総合研究所 著

インターネット使用「前」「直後」「定着後」で人々の仕事のかたち、生活のかたちはどう変わるか。博報堂生活総合研究所の総力を結集した、本邦初の本格的実態調査報告。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 「e‐Life」が始まる、その事前/事後(「e活者」は本当に出現したのか?
  • 日本型「e‐Life」入門のドラマ、それを捉える調査設計
  • 「入門カーブ」で見る、使い方普及予測)
  • 日本型「e‐Life」に関する20の素朴な疑問(インターネットは睡眠時間を減らす?増やす?
  • インターネットは本当に「世界への窓」?
  • インターネット多重人格者が出現? ほか)
  • エピローグ インターネットは平成の神器か?(ITにとっての「家」という場所の意味
  • 普及シナリオの日米比較
  • 参考研究・日本型「e‐Business」の中の生活者像 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インターネットは平成の神器か : 日本型「e-Life」の実像
著作者等 博報堂生活総合研究所
書名ヨミ インターネット ワ ヘイセイ ノ ジンギ カ : ニホンガタ e-Life ノ ジツゾウ
書名別名 Intanetto wa heisei no jingi ka
出版元 NTT
刊行年月 2000.6
ページ数 243p
大きさ 19cm
ISBN 4757120427
NCID BA47792085
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20081738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想