面白くて眠れなくなる社会学

橋爪大三郎 著

戦争、憲法、貨幣、家族、結婚、正義、宗教、資本主義、幸福…とは?なぜ社会はこんなふうに成立しているのか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(言語 Language-言語を使う。言葉をしゃべる。これは、人間だけの能力です。
  • 紙争 war-戦争とは、"暴力を用いて、自分の意思を相手に押しつけること"、をいいます。
  • 憲法 constitution-憲法は、手紙です。人民から、国にあてた手紙。その国の政府職員に向けて、こうしなさいと約束させるものです。
  • 貨幣 ほか)
  • 2(性 sex-性とは、体と体の関係、のことです。人間は生きていますが、それは、人間の体が、生きているのです。
  • 家族 family-家族があるのは、人類(ヒト)の特徴です。
  • 結婚 marriage-結婚は、世界中、どんな民族や文化にも認められる習慣です。 ほか)
  • 3(死 death-人間は生き物ですから、死にます。動物や植物も、生き物ですから、死にます。死ぬのは、生き物の宿命ですね。
  • 宗教 religion-宗教は、人類の文化になくてはならないもの。いや、人類の文化の中心です。
  • 職業 Job-職業とは、仕事のことです。収入があって、かなりの時間をさいていて、それで生活を支えている、そういう活動をいいます。 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 面白くて眠れなくなる社会学
著作者等 橋爪 大三郎
書名ヨミ オモシロクテ ネムレナク ナル シャカイガク
書名別名 Omoshirokute nemurenaku naru shakaigaku
出版元 PHPエディターズ・グループ
PHP研究所
刊行年月 2014.12
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-569-82155-9
NCID BB17314208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22505881
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想