国策と犠牲

山口研一郎 編著

戦中、戦後、連綿と続けられてきた医療政策や科学技術が、国のほんの一握りの人たちにとって有意義である一方、多くの人びとに多大な被害や被災をもたらすものであった。現在、国民に徹底して「犠牲」を強いる「国策」は、その規模や凶暴性を増して推進されようとしています。その連鎖の構図をどこかで断ち切らねば、今後、私たちの生命(いのち)や生活(くらし)は、ますます追いつめられていくのではないでしょうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • いま深くいのちをみつめる
  • 1 福島原発事故と内部被曝(「低線量」放射線内部被曝と健康障害
  • 若狭湾における反原発の闘い)
  • 2 現代科学技術と先端医療(医療政策としての脳死・尊厳死-私たちはナチスを断罪できるのか
  • 人体部品資源化・商品化のいま
  • 子どもと臓器移植・原発事故・遺伝子診断-国策の犠牲者としての子どもたち
  • 科学技術における「国策」と「犠牲」の連鎖の構図)
  • 3 被爆地・長崎の戦後(長崎の医師・永井隆、秋月辰一郎のことなど-土山秀夫先生に聞く)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国策と犠牲
著作者等 山口 研一郎
書名ヨミ コクサク ト ギセイ : ゲンバク ゲンパツ ソシテ ゲンダイ イリョウ ノ ユクエ
書名別名 原爆・原発そして現代医療のゆくえ

Kokusaku to gisei
出版元 社会評論社
刊行年月 2014.11
ページ数 370p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7845-1531-8
NCID BB1735886X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22500662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想