放射線0の危険

服部禎男, 高田純, モハン・ドス 著

福島第一原発事故で環境に放出された放射性物質の情報に関する新聞やテレビでの報道で、国内は混乱した。しかし、強制避難命令のあった20km圏内でさえ、直後の線量率は国際宇宙ステーション並、ひと月後に30分の1、1年後に100分の1と低線量率であることが判明している。本書は、国際放射線防護委員会ICRPが放射線の人体へのマイナス影響のみを取り上げ、プラス効果を無視してきた思想を、科学的証拠を持って打ち破り、新たな放射線医科学の枠組みを示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 低線量率放射線だった福島県民-科学的根拠のない福島20km圏の放置(福島県民が低線量率放射線だった事実
  • 福島軽水炉事故災害が低線量だった理由 ほか)
  • 第2章 福島の低線量放射線とどう向き合うか-日本が主導すべきLNTモデルの撤廃(LNTモデルの問題点
  • がんの主な原因は免疫システムの不全 ほか)
  • 第3章 放射線の身体影響-DNAは放射線が大好き(放射線ホルミシス
  • 科学的放射線安全について ほか)
  • 第4章 放射線なしに生命は存在しない-福島20km圏内の低線量率にリスクなし(太陽の放射エネルギーと生命
  • 太陽紫外線の曝露が大腸がんリスクを低下させる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 放射線0の危険
著作者等 Doss, Mohan
服部 禎男
高田 純
ドス モハン
書名ヨミ ホウシャセン ゼロ ノ キケン : エルエヌティー モデル ノ モタラス セカイ キキ ノ コクフク
書名別名 Risk of No Radiation

Risk of No Radiation : LNTモデルのもたらす世界危機の克服
シリーズ名 高田純の放射線防護学入門シリーズ
出版元 医療科学社
刊行年月 2014.11
ページ数 113p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86003-453-5
NCID BB17122987
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22516001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想