草莽の湊神戸に名を刻んだ加納宗七伝

松田裕之 著

港都神戸は、この男の偉業に始まる!!坂本龍馬、睦奥宗光、伊藤博文、岩崎彌太郎らと駆けた侠商の生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 和歌山城下の侠商(宗七の出自をめぐる謎
  • 豪商岩橋屋と伊達家の人びと
  • 勤王の志士たちとの交流
  • 龍馬暗殺と天満屋騒動)
  • 2 開港地への進出("成尾屋"竹中与三郎のこと
  • 神戸事件と陸奥・伊藤の来神
  • 黎明期神戸の豪商たち
  • 紀州開物局と紀萬汽船の創設)
  • 3 神戸造成の立役者に(近代海運業の覇権をかけて
  • 生田川付替えと十間道路の誕生
  • "怪人"関戸と"投機王"小寺
  • もうひとつの加納町と紀ノ川改修)
  • 4 港都振興の先駆け(網屋吉兵衛の遺志と小野濱船溜の築造
  • 加納湾の売却と国士たる名誉
  • 鉱山経営の失敗と社会事業への献身
  • 臨終と銅像建設のこと)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 草莽の湊神戸に名を刻んだ加納宗七伝
著作者等 松田 裕之
書名ヨミ ソウモウ ノ ミナト コウベ ニ ナ オ キザンダ カノウ ソウシチ デン
出版元 朱鳥社 : 星雲社
刊行年月 2014.10
ページ数 309p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-434-19867-0
NCID BB1712789X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22496197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想