いのちが危ない残業代ゼロ制度

森岡孝二, 今野晴貴, 佐々木亮 著

賃金を労働時間の長さに関係なく、仕事の成果で決める-。政府が提案している、残業代の支払い義務をなくす「新たな労働時間制度」。「高所得者対象」「幹部候補社員限定」などと定義が変更されてきたが、どう決着するのか。狙いはどこにあるのか。この別名「過労死促進法案」の危険性について、登場の背景も含めて検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 命より儲けの労働時間制度改革
  • 2 労働時間の規制外しと「残業代ゼロ制度」の狙い
  • 3 若年労働の実態から見た労働時間改革

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちが危ない残業代ゼロ制度
著作者等 今野 晴貴
佐々木 亮
森岡 孝二
書名ヨミ イノチ ガ アブナイ ザンギョウダイ ゼロ セイド
書名別名 Inochi ga abunai zangyodai zero seido
シリーズ名 岩波ブックレット No.913
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.11
ページ数 71p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270913-0
NCID BB17042458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22513422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想