恐慌論の論点と分析

守健二 編著

[目次]

  • 第1部 恐慌論の現段階(再生産論と恐慌論:到達点と課題
  • 均衡蓄積軌道・固定資本の補填・資本の絶対的過剰生産-富塚恐慌論の主要論点
  • 宇野恐慌論の展開
  • 宇野恐慌論の数理モデル化
  • 置塩恐慌論概説
  • 信用論・信用恐慌論の研究潮流
  • ポストケインズ派マクロ理論と恐慌論)
  • 第2部 恐慌論関連文献目録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恐慌論の論点と分析
著作者等 守 健二
書名ヨミ キョウコウロン ノ ロンテン ト ブンセキ
出版元 創風社
刊行年月 2014.10
ページ数 281p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88352-203-3
NCID BB17150701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22494187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想