日本古代治水史の研究

亀田隆之 著

著者は1973年の5月に『日本古代用水史の研究』を発表した。本書は、灌漑・治水の研究を主な研究目標と決め、続行した研究書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 律令国家による治水政策(治水関係派遣諸使の考察
  • 平安京の治水 ほか)
  • 第2編 奈良・平安時代の造池修堤工事(河内狭山池の造営工事
  • 毛野川の修営工事 ほか)
  • 第3編 治水・用水技術と慣習(樋の設置をめぐる諸問題
  • 水車の製造をめぐる諸問題 ほか)
  • 補論(救急料の考察
  • 良吏と悪吏)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古代治水史の研究
著作者等 亀田 隆之
書名ヨミ ニホン コダイ チスイシ ノ ケンキュウ
書名別名 Nihon kodai chisuishi no kenkyu
シリーズ名 日本史学研究叢書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2000.5
ページ数 362, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4642023488
NCID BA46378251
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20079353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想