血 : 吸血鬼にまつわる八つの物語

大原まり子 ほか著

人間の生き血を吸わなければ生きてゆけない伝説の怪物-吸血鬼。数々の忌まわしい言い伝えに彩られ、人々を恐れおののかせてきた禍々しくも美しい怪異が、八人の創造者の手によって、今ここによみがえる。ブラム・ストーカーが『吸血鬼ドラキュラ』を世に問うて100年の時がすぎた20世紀末、血を吸う悪魔の恐怖は新たに形を変えて、ひ弱な人間たちにまたも襲いかかる。現代吸血鬼小説の最先端を収録した豪華アンソロジー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血 : 吸血鬼にまつわる八つの物語
著作者等 佐藤 亜紀
佐藤 嗣麻子
夢枕 獏
大原 まり子
小池 真理子
手塚 真
篠田 節子
菊地 秀行
書名ヨミ チ : キュウケツキ ニ マツワル ヤッツ ノ モノガタリ
シリーズ名 ハヤカワ文庫 : JA
出版元 早川書房
刊行年月 2000.6
ページ数 286p
大きさ 16cm
ISBN 4150306400
NCID BA5076515X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20071086
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想