敗者の身ぶり

中村秀之 著

一九五二年四月二八日の対日講和条約の発効により日本は「独立」した。しかしこの「独立」は冷戦体制への従属という新たな「敗北」のはじまりでもあった。黒澤明、小津安二郎、成瀬巳喜男らをはじめとする映画にあらわれた「身ぶり」を通して、敗戦と占領という重みを負った「ポスト占領期」の日本の経験や精神を浮かび上がらせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歴史の関をうつす-『虎の尾を踏む男達』(一九四五/一九五二)とポスト占領期の日本映画
  • 2 絆とそのうつろい-小津安二郎の『晩春』(一九四九)と『麦秋』(一九五一)の抵抗と代補
  • 3 富士山とレーニン帽を越えて-谷口千吉の『赤線基地』(一九五三)における同一性の危機
  • 4 ものいわぬ女たち-黒澤明の"ポスト占領期三部作"(一九五二‐一九五五)の政治的イメージ
  • 5 涙の宥和-『二等兵物語』シリーズ初期作品(一九五五‐一九五六)による歴史の清算
  • 6 女が身をそむけるとき-成瀬巳喜男における戦中(一九四一)と戦後(一九五五)の間
  • 付録 「我らを滅ぼせ」-『ビハインド・ザ・ライジング・サン』(一九四三)の「良い日本人」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 敗者の身ぶり
著作者等 中村 秀之
書名ヨミ ハイシャ ノ ミブリ : ポスト センリョウキ ノ ニホン エイガ
書名別名 ポスト占領期の日本映画

Haisha no miburi
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.10
ページ数 336,5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024477-0
NCID BB1707122X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22495033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想