日本語を学ぶ/複言語で育つ

川上郁雄, 尾関史, 太田裕子 著

日本や海外で、日本語を学ぶ子どもたち。幼少の頃から複数のことばの中で成長した子どもたちは、どのように大人になっていくのでしょうか。一人ひとりの子どもに合った「ことばの学び」について、いっしょに考えてみましょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1ステージ 子どもの直面する課題を考える(移動する時代と子どもたち
  • 日本で日本語を学ぶ子どもたち
  • ことばの学びとことばの力
  • 海の向こうで日本語と学ぶ子どもたち
  • ことばとアイデンティティ
  • それぞれの「日本語」)
  • 第2ステージ 子どものことばの学びと実践を考える(複数のことばの中で育つということ
  • 社会の中で育つことば
  • 子どもたちの心とことばの学び
  • ことばの学びを支える「教材」1
  • ことばの学びを支える「教材」2
  • ことばの学びを支える言語活動)
  • 第3ステージ 子どものライフコースを考える(ライフストーリーを解釈する
  • ライフストーリーを聴く
  • ライフストーリーを書く
  • 意見交流会と全体の振り返り)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語を学ぶ/複言語で育つ
著作者等 太田 裕子
尾関 史
川上 郁雄
書名ヨミ ニホンゴ オ マナブ/フクゲンゴ デ ソダツ : コドモ ノ コトバ オ カンガエル ワークブック
書名別名 子どものことばを考えるワークブック
出版元 くろしお
刊行年月 2014.10
ページ数 129p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-87424-635-1
NCID BB16961447
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22488802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想