キリスト教思想の形成者たち

ハンス・キュンク 著 ; 片山寛 訳

キリスト教史にパラダイム転換を画した7人。バチカンから教授資格を停止された神学界の異端児が、鮮やかな筆致でキリスト教の大思想家たちの生涯と思想、その光と影を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • パウロ-キリスト教の世界宗教への夜明け
  • オリゲネス-古代とキリスト教精神の偉大な統合
  • アウグスティヌス-ラテン的・西方的神学の父
  • トマス・アクィナス-大学の学問と教皇の宮廷神学
  • マルチン・ルター-パラダイム転換の古典的事例としての福音への回帰
  • フリードリヒ・シュライエルマッハー-近代の薄明の中の神学
  • カール・バルト-ポストモダンへの移行における神学
  • エピローグ-時代にかなった神学への指針

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリスト教思想の形成者たち
著作者等 Küng, Hans
片山 寛
K¨ung Hans
キュンク ハンス
書名ヨミ キリストキョウ シソウ ノ ケイセイシャタチ : パウロ カラ カール バルト マデ
書名別名 Große christliche Denker

パウロからカール・バルトまで

Kirisutokyo shiso no keiseishatachi
出版元 新教出版社
刊行年月 2014.10
ページ数 345p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-400-32423-2
NCID BB1705979X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22501302
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想