フランクフルト学派

細見和之 著

ホルクハイマー、アドルノ、ベンヤミン、フロム、マルクーゼ…。一九二三年に設立された社会研究所に結集した一群の思想家たちを「フランクフルト学派」とよぶ。彼らは反ユダヤ主義と対決し、マルクスとフロイトの思想を統合して独自の「批判理論」を構築した。その始まりからナチ台頭後のアメリカ亡命期、戦後ドイツにおける活躍を描き、第二世代ハーバーマスによる新たな展開、さらに多様な思想像の未来まで展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会研究所の創設と初期ホルクハイマーの思想
  • 第2章 「批判理論」の成立-初期のフロムとホルクハイマー
  • 第3章 亡命のなかで紡がれた思想-ベンヤミン
  • 第4章 『啓蒙の弁証法』の世界-ホルクハイマーとアドルノ
  • 第5章 「アウシュヴィッツのあとで詩を書くことは野蛮である」-アドルノと戦後ドイツ
  • 第6章 「批判理論」の新たな展開-ハーバーマス
  • 第7章 未知のフランクフルト学派をもとめて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランクフルト学派
著作者等 細見 和之
書名ヨミ フランクフルト ガクハ : ホルクハイマー アドルノ カラ ニジュウイッセイキ ノ ヒハン リロン エ
書名別名 ホルクハイマー、アドルノから21世紀の「批判理論」へ

Furankufuruto gakuha
シリーズ名 中公新書 2288
出版元 中央公論新社
刊行年月 2014.10
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102288-2
NCID BB16928372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22499643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想