溺れるものと救われるもの

プリーモ・レーヴィ 著 ; 竹山博英 訳

アウシュヴィッツの灰色の領域で-記憶を風化させる年月の流れ。犠牲者だけが過去に苦しみ、罪ある者は忘却に逃れる。生存者レーヴィの40年後の自死。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 虐待の記憶
  • 2 灰色の領域
  • 3 恥辱
  • 4 意思の疎通
  • 5 無益な暴力
  • 6 アウシュヴィッツの知識人
  • 7 ステレオタイプ
  • 8 ドイツ人からの手紙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 溺れるものと救われるもの
著作者等 Levi, Primo
竹山 博英
レーヴィ プリーモ
書名ヨミ オボレル モノ ト スクワレル モノ
書名別名 I sommersi e i salvati

Oboreru mono to sukuwareru mono
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2000.7
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4022574917
NCID BA47607740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20078970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想