みにくいあひるのこ

アンデルセン さく ; あきせいじ ぶん ; いしなべふさこ え ; 子ども文化研究所 監修

「みにくいあひるのこ」は、アンデルセンの自伝として知られています。貧しい靴屋の息子として生まれ、子どものころから人一倍の苦労のすえ「童話の王様」として大成した作者が、その体験をあひるの子に託した、といわれています。なかなか童話作家としての道がひらかれないころの作者が、"たとえ自分の作品が世間に認められなくとも、じっと耐え忍んで生きていこう"と決意している、興味深い作品といえそうです。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 みにくいあひるのこ
著作者等 Andersen, H. C.
Andersen, Hans Christian
子ども文化研究所
石鍋 芙佐子
秋 晴二
いしなべ ふさこ
あき せいじ
書名ヨミ ミニクイ アヒル ノ コ
シリーズ名 せかい童話図書館 3
出版元 いずみ書房
刊行年月 2014.9
版表示 改訂新版
ページ数 50p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-901129-60-2
NCID BB18953235
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22476681
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 デンマーク語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想