旧日本陸海軍の生態学

秦郁彦 著

単行本未収録の厳選された15篇をここに集成。統帥権独立の起源から大量餓死を特徴とする日本人戦没者像まで、実証の精緻さが光る佳作ぞろいである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 統帥権独立の起源
  • 日清戦争における対東学軍事行動
  • 閔妃殺害事件の全貌
  • 再考・旅順二〇三高地攻め論争
  • 満州領有の思想的源流
  • 張作霖爆殺事件の再検討
  • 「百人斬り」事件の虚と実
  • 第二次大戦における日米の戦争指導-戦争終末構想の検討
  • ミッドウェー海戦の再考
  • 太平洋戦争末期における日本陸軍の対米戦法-水際か持久か
  • ベトナム二百万人餓死説の実態と責任
  • 第二次世界大戦の日本人戦没者像-餓死・海没死をめぐって
  • 軍用動物たちの戦争史
  • 第二次大戦期の配属将校制度
  • 旧日本軍の兵食-コメはパンに敗れた?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旧日本陸海軍の生態学
著作者等 秦 郁彦
書名ヨミ キュウ ニホン リクカイグン ノ セイタイガク : ソシキ セントウ ジケン
書名別名 組織・戦闘・事件

Kyu nihon rikukaigun no seitaigaku
シリーズ名 中公選書 019
出版元 中央公論新社
刊行年月 2014.10
ページ数 586p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-110019-1
NCID BB16875414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22507654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想