精神と自然

ヘルマン・ワイル 著 ; ピーター・ペジック 編 ; 岡村浩 訳

天才をして「大学者」と言わしめたワイルは実際、かのヒルベルトの後継者としてゲッティンゲンに迎えられた。ワイルとはいったい何者?本書は彼がアメリカで行った講演を中心に9篇を年代順に収録。数学・物理学・哲学に通暁し深い思索を展開した約40年の歩みを、講演ならではの読みやすい文章で辿る。時に直観主義について熱っぽく語り、時に「ゲージ」概念の提唱者として物理学者のヴェールをまとう。そして時に人間と神の関わりを省察する-いくつもの顔を持つその全貌が明らかに。本邦初訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 電気と重力(1921年)
  • 第2章 形而上学的質問に対するアインシュタインとワイルの2通の手紙(1922年)
  • 第3章 宇宙の時間関係性-固有時間、経験された時間、形而上学的時間(1927年)
  • 第4章 開かれた世界-科学の形而上学的意味についての三つの講演(1932年)
  • 第5章 精神と自然(1934年)
  • 第6章 プリンストン大学創立200周年記念会議での講演(1946年)
  • 第7章 人間と科学の基礎(1949年頃)
  • 第8章 知識の統一性(1954年)
  • 第9章 洞察と反省(1955年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神と自然
著作者等 Pesic, Peter
Weyl, Hermann
岡村 浩
ペジック ピーター
ワイル ヘルマン
書名ヨミ セイシン ト シゼン : ワイル コウエンロク
書名別名 MIND AND NATURE

ワイル講演録
シリーズ名 Math & Science ワ12-3
ちくま学芸文庫 ワ12-3
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.10
ページ数 491p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09629-6
NCID BB16880243
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22530133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想