遠藤周作文学全集  第13巻 (評論・エッセイ 2)

遠藤周作 著

1968年から絶筆の「佐藤朔先生の思い出」へ至る後期の評論・エッセイ93篇。21世紀に贈る遠藤文学の貴重な遺産。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 悪魔についてのノート
  • 永井荷風
  • 死海を訪れて
  • 現代日本文学に対する私の不満
  • ドストエーフスキイと私
  • 美と信仰に裂かれて(亀井勝一郎)
  • 私の中の「美しい村」
  • 有馬、日之枝城
  • 弱虫と強者とについて
  • モーリヤックと私〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遠藤周作文学全集
著作者等 遠藤 周作
書名ヨミ エンドウ シュウサク ブンガク ゼンシュウ
書名別名 評論・エッセイ
巻冊次 第13巻 (評論・エッセイ 2)
出版元 新潮社
刊行年月 2000.5
ページ数 448p
大きさ 22cm
ISBN 4106407337
NCID BA41173047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20067522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「深い河」創作日記 遠藤 周作
あまりに碧い空 遠藤 周作
ある通夜 遠藤 周作
うしろ姿 遠藤 周作
その前日 遠藤 周作
もし… 遠藤 周作
わたしが・棄てた・女 遠藤 周作
ア、デュウ 遠藤 周作
イエスの生涯 遠藤 周作
イヤな奴 遠藤 周作
カトリック作家の問題 遠藤 周作
カプリンスキー氏 遠藤 周作
ガリラヤの春 遠藤 周作
キリストの誕生 遠藤 周作
コウリッジ館 遠藤 周作
サウロ 遠藤 周作
シラノ・ド・ベルジュラック 遠藤 周作
ジュルダン病院 遠藤 周作
テレーズ・デスケルー フランソワ・モーリヤック, 遠藤 周作
パロディ 遠藤 周作
メナム河の日本人 遠藤 周作
ユリアとよぶ女 遠藤 周作
ワルシャワの日本人 遠藤 周作
一枚の踏絵から 遠藤 周作
五十歳の男 遠藤 周作
代弁人 遠藤 周作
例之酒癖 一盃綺言 遠藤 周作
遠藤 周作
六十歳の男 遠藤 周作
六日間の旅行 遠藤 周作
召使たち 遠藤 周作
喜劇 新四谷怪談 遠藤 周作
四十歳の男 遠藤 周作
土埃 遠藤 周作
地なり 遠藤 周作
夏の光 遠藤 周作
大部屋 遠藤 周作
夫婦の一日 遠藤 周作
宦官 遠藤 周作
寄港地 遠藤 周作
小さな町にて 遠藤 周作
巡礼 遠藤 周作
帰郷 遠藤 周作
幼なじみたち 遠藤 周作
形而上的神、宗教的神 遠藤 周作
影法師 遠藤 周作
役たたず 遠藤 周作
従軍司祭 遠藤 周作
戦中派 遠藤 周作
扮装する男 遠藤 周作
遠藤 周作
授賞式の夜 遠藤 周作
文学と想像力 遠藤 周作
日本の聖女 遠藤 周作
最後の殉教者 遠藤 周作
月光のドミナ 遠藤 周作
札の辻 遠藤 周作
松葉杖の男 遠藤 周作
母なるもの 遠藤 周作
永井荷風 遠藤 周作
沈黙 遠藤 周作
海と毒薬 遠藤 周作
深い河(ディープ・リバー) 遠藤 周作
火山 遠藤 周作
無鹿 遠藤 周作
犀鳥 遠藤 周作
男と九官鳥 遠藤 周作
男と猿と 遠藤 周作
異郷の友 遠藤 周作
白い人 遠藤 周作
私のもの 遠藤 周作
私の履歴書 遠藤 周作
童話 遠藤 周作
聖母讃歌 遠藤 周作
肉親再会 遠藤 周作
船を見に行こう 遠藤 周作
葡萄 遠藤 周作
薔薇の館 遠藤 周作
親和力 遠藤 周作
道草 遠藤 周作
還りなん 遠藤 周作
雑木林の病棟 遠藤 周作
雑種の犬 遠藤 周作
雲仙 遠藤 周作
黄色い人 遠藤 周作
黄金の国 遠藤 周作
黒い旧友 遠藤 周作
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想