鬼と鹿と宮沢賢治

門屋光昭 著

賢治が生まれ育った岩手県は、民俗芸能の宝庫だ。鬼剣舞や鹿踊り、チャグチャグ馬コなどの民俗芸能・祭礼行事が今もさかんにおこなわれ、多くの伝説や昔話が語り伝えられている。それらは、賢治が描いた童話や詩のなかに、いろいろな形で影響をあたえている。本書は、鹿踏りや隠し念仏、さらに『遠野物語』の佐々木喜善との交流など、民俗学の視点から宮沢賢治の世界を読み解いてみせる。イーハトーブ(岩手)に生きた天才詩人の、原風景となった風土からの斬新な報告である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イーハトーブ・ふぉくろあ事始め
  • 第2章 蝦夷の末裔、賢治が鬼神を招く
  • 第3章 法華経と庶民信仰とのはざまで
  • 第4章 賢治と隠し念仏
  • 第5章 賢治と啄木とチャグチャグ馬コ
  • 第6章 佐々木喜善と賢治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鬼と鹿と宮沢賢治
著作者等 門屋 光昭
書名ヨミ オニ ト シカ ト ミヤザワ ケンジ
書名別名 Oni to shika to miyazawa kenji
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2000.6
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4087200388
NCID BA47059328
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20128539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想