ブランド論

デービッド・アーカー 著 ; 阿久津聡 訳

ブランド論確立の立役者、デービッド・アーカーの20年におよぶ研究成果をコンパクトに集約した一冊。数々の理論を"煮詰めた"ブランド論のエッセンシャルな決定版!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 基本-資産としてのブランド(ブランドは戦略を左右する資産である
  • ブランド資産には真の価値がある)
  • 第2部 実践-ブランド・ビジョン(ブランド・ビジョンを生み出す
  • ブランド・パーソナリティでつながる
  • 組織とその大いなる目標が差別化をもたらす
  • 機能的便益を超えて
  • 競合をイレレバントにする"マストハブ"
  • イノベーションをブランド化する
  • サブカテゴリーをフレーミングする)
  • 第3部 活性-ブランド優位性(ブランド構築の着想をどこから得るか
  • 顧客のスイートスポットに注目する
  • デジタル-ブランド構築の必須ツール
  • 一貫性が勝利をもたらす
  • 社内向けブランディングがカギとなる)
  • 第4部 強化-ブランド・レレバンス(ブランド・レレバンスを脅かす三つの要因
  • ブランドに活気を与える!)
  • 第5部 拡張-ブランド・ポートフォリオ(ブランドにはポートフォリオ戦略が必要
  • ブランド拡張も方向性を見極める)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブランド論
著作者等 Aaker, David A
Aaker, David A.
阿久津 聡
アーカー デービッド・A.
書名ヨミ ブランドロン : ムケイ ノ サベツカ オ ツクル ニジュウ ノ キホン ゲンソク
書名別名 AAKER ON BRANDING

無形の差別化をつくる20の基本原則

Burandoron
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2014.9
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-478-02759-2
NCID BB16780850
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22475665
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想