文盲

アゴタ・クリストフ 著 ; 堀茂樹 訳

世界的ベストセラー『悪童日記』の著者が初めて語る、壮絶なる半生。祖国ハンガリーを逃れ難民となり、母語ではない「敵語」で書くことを強いられた、亡命作家の苦悩と葛藤を描く。傑作を生み出した、もうひとつの衝撃的な物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ことの初め
  • 話し言葉から書き言葉へ
  • 道化芝居
  • 母語と敵語
  • スターリンの死
  • 記憶
  • 国外亡命者たち
  • 砂漠
  • 人はどのようにして作家になるか?
  • 文盲

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文盲
著作者等 Kristof, Agota
堀 茂樹
クリストフ アゴタ
書名ヨミ モンモウ : アゴタ クリストフ ジデン
書名別名 L'ANALPHABETE

アゴタ・クリストフ自伝

Monmo
シリーズ名 海外小説の誘惑 195
白水uブックス 195
出版元 白水社
刊行年月 2014.9
ページ数 111p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-07195-3
NCID BB16771656
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22478978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想