リスクと機会 : 世界開発報告 : 開発のためのリスク管理  2014

世界銀行【編著】;田村 勝省【訳】

[目次]

  • 概観 リスクと機会
  • 1 リスク管理のファンダメンタルズ(リスク管理は強力な開発手段になり得る
  • 理想の向こうに:リスク管理における障害とそれを克服する方法)
  • 2 重要な社会システム(家計はリスクに対抗し機会を追求するための第一線の支援である
  • 結束力があり、結び付きのあるコミュニティ間では強靱性が生まれる
  • 活気のある企業部門を通じて強靱性と繁栄を促進する
  • リスク管理に金融システムが果たす役割:金融ツールが多いほど金融危機は少なくなる
  • マクロ経済リスクを管理する:政策でより良い結果を出すためにより強固な制度を構築する
  • 国際社会の役割:リスクが各国の能力を超過する場合)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リスクと機会 : 世界開発報告 : 開発のためのリスク管理
著作者等 World Bank
田村 勝省
IBRD
世銀
国際復興開発銀行
世界銀行
書名ヨミ リスクトキカイ : セカイカイハツホウコク : カイハツノタメノリスクカンリ : 2014
巻冊次 2014
出版元 一灯舎
刊行年月 2014.9.15
ページ数 409p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-907600-09-9
NCID BB16596352
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想