サブカルチャーの社会学

伊奈正人 著

サブカルチャーは必要か?"なくてもよい"という「サブカルチャー的余裕」の条件を「サブカルチャーのサブカルチャー」のフィールドワークを通して読み解く社会学的想像力。「バリアフリーなサブカルチャー」を探求する文化装置論の試行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 サブカルチャーという文化装置(問題としてのサブカルチャー)
  • 2 サブカルチャーのサブカルチャー(地域文化としてのサブカルチャー-「文化シーン」の多様化という観点から
  • インディペンデント・シーン
  • アンダーグラウンド・シーン
  • 地方の地方)
  • 3 サブカルチャーという知のスタイル(「大衆化」と「サブカルチャー」
  • 「とらわれない知」から「サブカルチャー的な知」へ
  • マニュアル人間のゲームとドラマ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サブカルチャーの社会学
著作者等 伊奈 正人
書名ヨミ サブカルチャー ノ シャカイガク
書名別名 Sabukarucha no shakaigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1999.10
ページ数 256p
大きさ 19cm
ISBN 4790707733
NCID BA43468358
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20076529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想