イギリス近代出版の諸相 : コーヒー・ハウスから書評まで

清水一嘉 著

若い詩人が文壇への足掛かりをつかんだコーヒー・ハウス、作家が執筆する作品の内容にまで影響を与えた貸本屋、多くのすぐれた詩人や作家を育て世に送りだしたリトル・マガジン、作品のあるべき姿を提示し作家を一喜一憂させた書評等々、18世紀から現代にいたるイギリス出版界の数々の話題を興味深く活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近代出版への歩み-18世紀から19世紀へ
  • コーヒー・ハウス覚書
  • チャップ・ブックと読者層の拡大
  • ブック・クラブの問題
  • ミューディ貸本屋のこと
  • 新聞・雑誌連載小説
  • 分冊小説の誕生
  • 『ピクウィク・クラブ』の出現
  • 古典叢書の隆盛
  • エヴリマンズ・ライブラリー〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス近代出版の諸相 : コーヒー・ハウスから書評まで
著作者等 清水 一嘉
書名ヨミ イギリス キンダイ シュッパン ノ ショソウ : コーヒー ハウス カラ ショヒョウ マデ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1999.12
ページ数 288p
大きさ 19cm
ISBN 479070789X
NCID BA4419656X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20076522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想