オスマン帝国の解体 : 文化世界と国民国家

鈴木董 著

さまざまな民族・言語・宗教が複雑に入りくんでせめぎあう地域に成立したオスマン帝国は、イスラム世界の伝統の下で、多種多様な人々を包み込みながら六世紀以上にわたって存続したが、近代西欧の影響を受けつつ解体した。現代のバルカン・中東で激発する民族紛争の源流であるオスマン帝国解体の過程を克明に描き、現代政治にも連なる問題を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 民族国家と文化世界(一つの世界の誕生以前-諸文化世界の併存していた頃
  • 民族国家への憧れ
  • 「西洋の衝撃」としてのネイション・ステイト)
  • 第2部 文化世界としてのイスラム世界(文化世界としてのイスラム世界の構造
  • イスラム世界秩序
  • アイデンティティ・統合・共存)
  • 第3部 オスマン帝国の場合(イスラム的世界帝国としてのオスマン帝国
  • 「パクス・オトマニカ」の構造
  • 「西洋の衝撃」とナショナリズム ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オスマン帝国の解体 : 文化世界と国民国家
著作者等 鈴木 董
書名ヨミ オスマン テイコク ノ カイタイ : ブンカ セカイ ト コクミン コッカ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.5
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4480058427
NCID BA46668284
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20073188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想