外資系コンサルに学ぶ聞き方の教科書

清水久三子 著

質の高いアウトプットを生む、インプットの技術。仕事の成果は聞き方で9割決まる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 なぜ今「聞き方」なのか?-ますます重要になる仕事の最重要スキル(仕事は「聞き方」で決まる
  • 今後さらに「聞く力」が重要になる3つの理由 ほか)
  • 2 相手に「話したい」と思わせる技術-「聞く力」を鍛える(プロファイリングであらかじめ相手の情報を把握しておく
  • 聞く場所を使い分ける ほか)
  • 3 必要な情報を収集し、検証する技術-「聴く力」を鍛える(仮説を持たずに人に話を聴いてはいけない
  • 仮説を導くためのセカンダリーデータの読み方 ほか)
  • 4 シーン別「聞き方」のおさらい-注意点とポイント(会議のファシリテーションにおける聞き方
  • プレゼンテーションにおける聞き方 ほか)
  • 5 人や組織を「動かす」「変える」チェンジクエスチョン「訊く力」を鍛える(「訊く」(Asking)-相手に問い掛け、自発的な行動を促す上級スキル
  • コミットメントを引き出すための訊き方 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外資系コンサルに学ぶ聞き方の教科書
著作者等 清水 久三子
書名ヨミ ガイシケイ コンサル ニ マナブ キキカタ ノ キョウカショ
書名別名 Gaishikei konsaru ni manabu kikikata no kyokasho
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2014.9
ページ数 236p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-492-04556-5
NCID BB16841773
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22469178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想