小説を愉しむ脳

苧阪 直行【編】

ことばという記号が咲き乱れる秘密の花園への旅!文字を認識し、文章を読み、小説を愉しむ能力を、脳は、どのようにして獲得したのか?文芸作品を読むことで生まれる愉しみは、感情や情感を司る情動脳とどうかかわるのか?「神経文学」研究最前線への招待。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 読みの神経機構
  • 2 読み書き能力の脳内機構-文化差の影響
  • 3 読書と脳
  • 4 バイリンガルの脳内神経基盤
  • 5 文章が創発する社会的情動の脳内表現
  • 6 読書における文の理解とワーキングメモリ
  • 7 オノマトペ表現を愉しむ脳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小説を愉しむ脳
著作者等 苧阪 直行
書名ヨミ ショウセツ オ タノシム ノウ : シンケイ ブンガク ト イウ アラタ ナ リョウイキ
書名別名 神経文学という新たな領域
シリーズ名 社会脳シリーズ / 苧阪直行 編 7
出版元 新曜社
刊行年月 2014.9
ページ数 166,26p 図版12p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7885-1407-2
NCID BB16647078
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22471277
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想