日本の覚醒

岡倉天心 著 ; 夏野広 訳

本名Okakura‐Kakuzoで英語で著された本書は、日露戦争の当時に米国で刊行された。日本における民族意識の高まりの過程を歴史的に論じ、東洋、殊に日本が育んできた思想や文化の独自性を述べる。西欧近代文明への懐疑を投げかけ、「近代」を超えうる「アジアの原理」の提示を試みる。天心の大きさ、偉才を伝える香り高い翻訳と併せて読まれたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アジアの夜
  • 2 蛹
  • 3 仏教と儒教
  • 4 内からの声
  • 5 白禍
  • 6 幕閣と大奥
  • 7 過渡期
  • 8 復古と維新
  • 9 再生
  • 10 日本と平和

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の覚醒
著作者等 夏野 広
岡倉 天心
岡倉 覚三
書名ヨミ ニホン ノ カクセイ : エイブン シュウロク
書名別名 The Awakening of Japan

英文収録

Nihon no kakusei
シリーズ名 講談社学術文庫 2253
出版元 講談社
刊行年月 2014.9
ページ数 233p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292253-1
NCID BB16583940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22469070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想