鬼譚

夢枕獏 編著

古来より日本人の心のありかたに強い影響を与えてきた"鬼"。古典の説話、小説、コミック、評論に至るまで、数多ある"鬼"にまつわる作品の中から夢枕獏を唸らせたものばかりを集めた傑作アンソロジー。坂口安吾「桜の森の満開の下」、手塚治虫「安達が原」、馬場あき子「鬼の誕生」、筒井康隆「死にかた」、田辺聖子「鬼の歌よみ」など15作収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鬼譚
著作者等 上田 秋成
倉橋 由美子
内藤 正敏
坂口 安吾
夢枕 獏
小川 未明
小松 和彦
山岸 凉子
手塚 治虫
田辺 聖子
筒井 康隆
馬場 あき子
書名ヨミ キタン
書名別名 Kitan
シリーズ名 ちくま文庫 ゆ6-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.9
ページ数 436,2p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43205-6
NCID BB16618954
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22471898
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想